絵描きの記

絵描き 出口アキオの絵画制作と日々考えたこと、見たことの記録です。

追悼の辞 菅前総理

菅前総理
素晴らしく心に響く弔辞をありがとうございます。
涙が止まりません。

 

www.youtube.com

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

「日本人的美徳」

突然ですが、コンビニやドラッグストアに行くのに
パンツを履いて行かない人はいないでしょう。
履いて行かないと捕まってしまいます。
そして2020年以降、日本でマスクを付けないことは、
それ以上に恥ずかしいことや規律違反のようになりました。
きっとこれが令和の「日本的美徳」なのでしょうか…。

私は日本人ほど強みと弱点がコインの表裏のように
中合わせになった民族も珍しいと思います。
日本人が好む清潔さや正直さ、人に迷惑をかけたくないという生真面目さ、集団的規律を自発的に守る意識…
それらは素晴らしい反面、時には弱点となるようにも感じます。


新型感染症に関してはずっと描いてみたかったテーマです。
私は予防接種やマスクの効果について否定派ではありませんが、各分野で専門家の様々な意見があるようです。
しかし、予防接種やマスクの効果に少しでも疑問を呈したり、正確なデータ、エビデンスや核心に触れようとすると、ネット上でも言論が封殺されてしまうようです。
今の日本は身も心も非常に息苦しい社会だと思います。
未だに続く、そしておそらくこれからまだまだ続くであろう新型感染症社会に関して私が思う気持ちをこの絵に込めました。

 

そして今回は、十代の頃見た「アングル展」でひときわ印象に残った作品「泉」の構図やイメージをもとに描きました。
アングルと言えば19世紀古典主義派の重鎮、フランスアカデミズムの親分…
その作品は陶器のような絵肌と洗練された構図…。

高校生の時に展覧会で見た私は「美しい!これが本当に上手な油絵だ」と感じ、もっと油絵をやりたいという強い思いが沸いてきたのを記憶しています。
新型感染症とアングルの「泉」…まったく関係ありませんが、
当時の熱い思いを胸いっぱいに高まらせて、これから絵を描いていきたいという意気込みを持った自分と、今は生物としての根源である空気を吸って吐くことすら自由満足に出来ない状況を対比して考えました。

そんな何ともやるせない状況にあっても、私は不思議にどこか楽観的で、今の息苦しさを創作の糧として活かしたいという気分でもあります。

 

今回の作品をご覧になって不快になった方はすみません。
でも美術って、いつの時代も多少なりとも「不謹慎なもの」ではないでしょうか。

16世紀のヨーロッパのように宗教的思想や信条だけでなく、ねつ造や噂、迷信で「異端者」「魔女」と決めつけられた社会…

今の日本社会は火あぶりにはならないけど、極端で歪曲された教義と非科学的抑圧に支配された当時のヨーロッパとあまり変わらないような気がします。

 

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

安倍元総理のご逝去から1週間

安倍元総理の突然のご逝去から1週間が経ちました。
未だ「もう安倍さんはこの世におられないのだなあ…」と思うと、
とても悲しくなって空虚感は増すばかりです。
今まで失った家族や身内とはまた違った悲しみと虚しさ…
なぜこれほど心にぽっかり穴が空いたような気持ちが続くのか…
ずっと考えてもいました。


先日ふと見たfacebookの投稿で、
ジャーナリストの有本香さんが述べられていました。
「私はいま、本当にさびしく心細い思いがしています。
安倍晋三のいない日本は、これからどこへ行くのか。

皆が安倍さんに頼り過ぎました。」
なるほどそうだと気づきました。

多くの人が本当にここ10年以上安倍さんに頼りっぱなしでした。

私はそれほど保守的な考えに拘っていなくて、
いい加減で人に迷惑ばかりかけてきたダメ人間ですが、

安倍さんが最初に総理の職に就かれたとき、今までのリーダーとは違う何かを感じて、それからはほとんどの選挙で自民党に投票していました。
2期目の総理の職を辞された後も、これは安倍さんに相談されたらいいのではないか、

菅さんが出来なかったことは安倍さんがいつかやってくださるだろう…
岸田さんが行動を起こさなくても、また安倍さんがきっとやってくださるだろう…
安倍さんの再々登板あるということが前提で考えていました。
だから政治に詳しくなくても、とても楽観的だったのです。

でももう安倍さんはおられない…。
大きな灯火を照らし続けてくれる心強い灯台を失ってしまった…

もう日本は漂流するしかないのか…
そんなやるせない気持ちでいっぱいです。


比較するのが妥当ではないかもしれませんが、
私が敬愛する有名人が亡くなって今まで一番衝撃だったのは、

高校生の時ジョン・レノンの暗殺でした。
その時の悲しみ以来、今回はおそらくそれを超える状況にあります。
ジョンは亡くなってロックミュージックの神様に加わったと思っています。
安倍さんも今は日本国をお護りくださる神様のお一人になられたと思います。

元々テレビのニュースはほとんど見ません。

今はネットニュースやYoutubeも辛くて避けているので詳しくは知りませんが、

荒んだ心の人の声はどうしても大きくて響いてしまいます…。
マスコミに煽られて、批判を続けている人たちも気づく時が来るでしょう。
メディアがどんな悪知恵を働かせても、最終的には人の心は変えられません。

 

安倍さんの御霊は清らかで、多くの人の心を浄化し引き寄せながら、

既に大きなうねりになっています…。
顕著なのは日本国内よりむしろ海外で高まっています。
海外からの要人が列挙して弔問に訪れられているのはその証しです。

これから安倍さんの御霊は国民と世界の人々の心を照らし続け、

勇気づけてくださると思います。
ダメ人間の私ですが、改めて国民の一人とし御礼を申し上げます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

「喜雨の人」

最近描いたものです🙃☔💗

梅雨明けが早く、いきなり猛暑となった今年…

日々の乾きと疲れを癒やし、和ましてくれる…

そんな恵の雨をもたらしてくれるような女性をイメージし描きました。

 

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

SALE 11周年キャンペーン開催中

6月27日(月)より「11周年キャンペーン 11%OFF」が始まりました✨

キャンペーン期間中、iichでの私の出品作品が

すべて11%OFFでお買い求めいただけます💗

7月10日(日)まで開催 🌻

下記iichiサイトにアクセス💙

作品購入時の決済画面で、「11周年キャンペーン 11%OFF」クーポンを

選択してご利用ください😊

 

www.iichi.com

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

「大浪美人図」

最近描いたものです🙃

最も尊敬する画家の一人

葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」の一部分と自由で解き放たれた女性を

象徴的に組み合わせた北斎へのオマージュです🌊💖

日本の夏到来❗️💦

見る人に涼を感じて欲しいという思いで描きました💙

 

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

「エッシャー 視覚の魔術師」

山田五郎さんのYouTubeで紹介されていた「エッシャー 視覚の魔術師」

amazonプライムにて鑑賞。

 

エッシャーの人気がブレイクしたのは、それほど昔のことではなく

1960年代後半になってからのこと…

ヒッピーが勝手に作品を複製して色まで付けて広めたことがきっかけ。

クロスビー、スティルス&ナッシュのグラハム・ナッシュ…

彼のインタビューは当時を振り返り、エッシャーの作品がいかに斬新で衝撃的だったを

素直でわかりやすく言い表していると思った。

エッシャーの「だまし絵」は、彼らがLSDなどでトリップした体験を

まるでそのまま視覚化しているように感じたのだ。

「何で俺たちが見た状態をそのまま描けているんだ!?」

 

晩年、新作アルバムのジャケットデザインを依頼してきたミック・ジャガーに対して、

丁寧に断りを入れた後、「私をマウリッツと呼ぶのは無礼だ」と一蹴。

時代の寵児になることを望んで進んでパーティーに積極的に参加した

アンディ・ウォーホルと違って、サイケデリックムーブメント憧れの存在となっても、

頑固一徹ブレずに自らの仕事に対する誇りを貫き通した。

その気骨に敬服。

 

www.amazon.co.jp

 

Gallery Wanderlust

akioの絵はこちらへ(iichiのショップ)

akioの人物画はこちらへ(BACE akio's art shop)

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッとお願いいたします😊

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ